客単価アップ

美容室の客単価をアップ方法を徹底解説!第5回「⑤高額ヘッドスパメニューの導入」

なぜ!美容室がライバル店と価格競争をしても儲からないのか?

キャンペーン集客による落とし穴

美容室の集客法で、ほとんどのサロンでされているのが“値下げキャンペーン”だと思います。

「売上アップのために客数を上げる」という半ば当たり前のようになっている昔からの集客方は今でも健在です。

もちろん、客数を増やす事も集客の方法の1つである事は間違い無いのですが、その値下げキャンペーンで集客をしたお客様は特に失客する場合が多い事にあなたも気がついていますよね!

実は、美容系サロンでも行っているメニューの値下げ集客で獲得したお客様は、顧客に繋がらない事が多いのです。(低価格が売りのサロンは別…)

値下げキャンペーンで集客されたお客様は、さらにお値打ちのサロンを探しているからです。

それだけ一般のお客様というのは、個々のサロンの個性やスキルの違いに関心が無いほど気が付いていないという事にもなります。

もし、この集客を続けるのなら、これからずっと客数アップのために値下げキャンペーンをやり続けることになるのです。

このブログを読まれているあなた…本当は、それ(値下げキャンペーン集客)を望んでいないはずですよね!

値下げ競争からの脱却

私たちがこの世界に入った頃は、値下げでのキャンペーン集客は必須だったんですね!

新しいトリートメントや、新しいカット技術など新しいメニューを打ち出すだけで、想像以上の新規のお客様を獲得することができて、そのほとんどが固定客に繋がったからです。

しかし、今年のコロナウィルスの影響でさらなる経営危機を迎えているサロン様が、これから行うべき集客法は、一時的な低価格を魅力とした集客ではありません。

あなたのサロンの本来の魅力にひかれ「あなたで無ければお悩みを改善することができない」と言う集客法です。あなた自身のファンを作る集客法なのです。

あなたは、自分のスキルをもっと高額で評価してほしいと思っていますよね?

だったらココラへんで、経営者であるあなた自身の経営哲学を思い切って変えてみる勇気を持ってみませんか?

だって、今のままじゃー来年は今よりも、もっと経営が厳しくなりますよ!

そうすることによって、値下げキャンペーンで集客したお客様でも高額のバックエンド商品(高額メニュー)に結びつけることが可能になるのです。

美容室のターゲット集客は月間でたった1〜3名で十分

あなたは月商でいくら上げたいですか?

さて、客単価をアップしたいあなたのサロン様が、どれだけの規模なのかは分かりませんが、その集客法で“月商で今よりもいくら上乗せしたい”ですか?

この金額って非常に大切なんですよ!

あなたのサロンが10年前と比べて、どのくらい売上と客単価が下がり、来年はいくら上乗せしたいのか!と言う“確認と目標を持つ”ということが大切なんです。

例えば、あなたが1人でサロンを経営しているとします。

月に80名のお客様がご来店していると仮定して、客単価がそうだなぁ7000円強位で月商で60万円位の売上があるとします。

10年前なら、スタッフがいて100万円前後の売上があったのが、ここ数年徐々に売上が下がり始め、このコロナの影響もあって損益分岐点ギリギリの売上にいると仮定します。

もちろん、誰もが売上をアップさせたいから集客をする訳ですが、そのアップさせたい具体的な売上金額を明確に目標として掲げているサロンは本当に少ないんですよ!

あと10万円アップさせたいのか、あと30万円アップさせたいのか、あるいは売上を2倍にしたいのか?

わたくし飛山も美容室サロンの経営者のひとりですから「一人でも多くのお客様を獲得したい!」と言うお気持ちはわかります。

けれど、例えば今年の日本シリーズのソフトバンクVS巨人の戦いでもわかるように、気合だけで「たくさん点を取るぞー」では相手に勝てませんよね!

それには相手の苦手ゾーンや出塁率の低いコースを責めるなどのバッターや野手のID野球が必要不可欠になります。

私たちはサロンの経営者だから、売上という数字にはもっとどん欲にならなければなりません。

この「明確な売上目標」っていうを掲げることが今の美容室経営者に必要なことなんだと思います。

その為に何名の集客が必要ですか?

集客の目標金額が決まってくると、あなたのサロンの客単価によって集客したい獲得目標客数が具体的に見えてきます。

そうです、何名新規のお客様を獲得すれば目標を達成させることができるか!と言うことです

今現在60万円前後の月商売上があると仮定をして、目標金額を例えば20万円アップとします。

客単価が7,000円前後と考えて、20万円の目標ですと約29名の集客で目標を達成させることができます。ここで29名と言う具体的な集客人数が出たわけです。

どうでしょうか、あなたのサロンのここ最近のキャンペーン集客で、毎月30人もの新規のお客様を獲得することができるでしょうか?

たとえ目標金額が半分の10万円だとしても、15名の新規集客が必要になるのです。

現状で、約25万件もの美容室の9割が、毎月毎月必ず“失客数がある”というデータでもわかるように、客数を追う集客法には、どうしても限界があるように思えます。

ある高額メニューを打ち出すことで、月にたった1名~3名の新規集客でサロンの売上を3倍以上にされているサロン様が何件もあることをご存知でしょうか?

美容室の高額メニューが10万円以上でも90%の確率でご契約いただける方法

5万円以上の美容メニューが売れない美容室の現状!

あなたのサロンの一番高額なメニューはいくらでしょうか?

きっと、縮毛矯正とかのメニューで1万円後半から3万円台くらいでしょうかね!

5万円以上のメニュー展開をされているサロン様は、限りなく少ないんじゃないかなぁと思います。

よほどの高額美容室でなければ、4万円とか5万円あるいは10万円や20万円といった高額メニューを売る事は大変だと思います!

売った事がない高額のメニューを売るのは、簡単ではありません。「高い!」というマネーブロックがかかってしまい、売れないケースがよくあります。

しかし、世の中には10万円とか30万円と言うような高額の商品は山ほどあります。

そして、その高額な商品を一部の富裕層の方だけでなく、ごくごく一般的な主婦のお客様が実際に購入されているのです。

美容室業界では、この50年という半世紀の間、5万円以上もの高額メニューを打ち出してなかった為、一般的な美容室オーナー様はマネーブロックが働いてしまい売る事ができないだけなのです。

実際この高額メニューを導入されているサロン様は、毎月のように10万円以上の高額メニューをバンバン売られています。

お客様が買わないのではなく、サロン側が売れないのです。

50万円以上の契約のお客様が必ずリピートする理由

あなたは「コンプレックスメニュー」と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?

世の中のお客様が抱く「自身の様々なお悩みを改善する商品」です。

10万円を超える炊飯器や
20万円を超える美顔器
30万円を超えるマッサージ器
40万円を超える補正下着
50万円を超えるウィック

などなど、金額を聞いただけで「高い!」思えるほどの通販商品がずらりと並びます

しかしながら、この商品は、どんどん売れているのです。そのわけは何故でしょうか?

このブログを読んでいるあなたは、サロンのオーナー様なのできっとお金に余裕があるからこれらの商品が高いとは感じ無いかもしれません。

でも一般のお客様方からすれば、もの凄く高額な商品なのです。

この商品に関して、日ごろからお悩み(コンプレックス)を持っているお客様にとって、それを改善できる商品であれば、たとえ通常価格の2倍する商品でも買いたいと思うわけです。

ほとんどの家庭では、数百万円の車を購入されます。何千万円と言う住宅も購入されています。自分に必要だと思えば金額は関係ないのです。

美容室での5万円のカット料金や8万円のパーマやカラーと言うメニューだったらまず売れることは無いでしょう。

しかしながら、ある美容室では10万円・20万円・50万円・100万円と言う超高額なヘッドスパメニューを毎月のように販売され、導入前の売上の数倍もの売上を上げながら、この厳しいコロナウィルス騒動とは全く無縁の経営を続けてらっしゃいます。

沖縄・九州・四国・中国・近畿・東海・北陸・関東・東北のサロン様が導入されて実績を積まれています。

金額を高いと感じるのはサロン側であって、メニュー化することで、高いけどそれを買いたいと思うのはお客様自身なのです。

あなた自身が美容室の経営を変えたい!今の売り上げを変化させたい!

本当にそう思うのであれば、この育毛系ヘッドスパというメニュー化はドンピシャのメニューだと思います。

1万円の新メニューをおススメするのも、10万円の新メニューをおススメするのも同じパワーなんですね!!だったら、高単価のメニューをおススメする方が費用対効果ははるかに上です。10万円以上の高額メニューを導入する必要性がちょっとご理解できたと思います。

高額メニューを導入しないと生き残れない10年後の美容室

月に10名以上集客出来なくなる現実

高額メニューを今後導入しなくてはならない現実問題として、来年以降だんだん、美容室で毎月10人以上の新規のお客様を獲得できなくなります。

人口が約1億2000万人の中で、25万店ある美容室件数と美容人口で計算すると、1店舗あたり300人前後の客数が限界だと出てきます。

しかも、ライバルの店舗は年々増え続け、景気は悪くなるばかりです。

そんな競争の中で新規のお客さんを毎月継続して獲得し続ける事は困難だということが明らかだと思います。

もっと言うのであれば、3年後・5年後には、店舗数の飽和で今以上に集客が困難になります。

今の美容室の客単価が7,000円から10,000円前後で、毎月数人の新規のお客様しか集客ができないとなると、あなたの希望する売上アップの目標額は果たして達成できるでしょうか?

考えるだけでも3年後5年後の美容室経営は恐ろしいことになります。

不景気になればなるほどライバル店が増える理由

今後高額メニューを導入しなければならないもう一つの理由は、ライバル店が増えるということです。

不景気になり、店長さんの給与が頭打ちになれば、店長さんは独立を考えます。

この連鎖でライバル店が増えれば、あなたのサロンへの割当て客も減りますし、同じ内容ならお客様は新しいサロンに移るからです。

ライバル店が増えれば増えるほど集客が困難になり、結局は今みたいな価格競争型の集客法に頼らざるを得なくなります。

サロン集客最大手の〇ット〇ッパー〇ューティーなどのサロン集客の内容を見ていても、トリートメント関連のメニューにスパメニュー、カット技術のメニューなど、どこも同じような内容です。

これでは、あなたのサロンが圧倒的に集客できるハズがありません。だからこそ、ライバル店がやっていないような、新たなコンプレックスメニューが必要になるのです。

どこのライバルでも導入していない新しい高額なコンプレックスメニュー

そうです「育毛スパメニュー」の導入こそが、今後の美容室経営にとって必須項目になると思っています。

さぁ、あなたは、自分自身を変え、サロンを変える(希望の売上にする)ことができるでしょうか?

美容室で育毛メニューがあなたの人生を変える

 

美容室の売上を3カ月で月商を3倍にする方法

“あなたの人生を変える”だなんて、大きく書いちゃいましたが、まさに本当なんですよ。嘘ではありません。

関西で1人で経営されている、ある美容室のオーナーHさんは、お客様単価が約7000円くらいで、この育毛メニューを導入する前は、毎月平均40~60万円くらいの売上で、家賃を払い家族3人でやっとこさの売り上げだったのです。

そんなサロンオーナーがこの育毛メニューを導入してから3か月後には3倍になり、その年末には、過去最高売上の7倍の売上を上げることになり。

更にはその1年後の年末には、当初の9倍以上の460万円を達成するまでになっています。
(↑写真のオーナー様です)

ひとりサロンで400万円とは、にわかに信じがたい内容ですが、実際に起こった本当の事実なんです。

脱毛メニューには終わりがありますが育毛メニューはエンドレス!

実は育毛メニューと言うのはエンドレスで終わりが無いって知ってましたか?

例えば「1年間の50万円の契約」を終了したとします。

通常であれば、契約終了時に、もう一度こちら側からアプローチをかけて、継続するかどうかを聞かないといけませんよね!ある意味契約毎に、そのめんどくさい行為が発生します。

しかしながら、育毛メニューに関しては、3ヶ月コースとか半年や1年コースあるいは2年コースっていうのがあるんですが、9割以上のお客様は自ら継続を希望されるんです。

それは、どんな契約期間のお客様でも、今まで何年も「ずーっと」悩んできた髪の毛の薄毛や抜け毛などのコンプレックスに対して、契約の期間中に何らかの発毛実感を感じていらっしゃるからです。

これだけ科学やAIが発展しても、育毛発毛における発毛剤と名の付く商品は世界どこを探してもありません・・・。

そんな中、遺伝や加齢で半ばあきらめているお客様自身の髪の毛へのコンプレックスを、どこにでもある美容室のメニューで「改善するかもしれない!!」という希望をあたえてくれるんです。

これって凄くないですか?
これこそが終わりがない「エンドレスメニュー」なのです。
だからこそこのメニューを続けると、売上が倍増するのです。

ほぼ100%の確率で購入された商品は永久に売れ続けます!

もちろんお客様には「数ヶ月で髪の毛が生える事はありませんよ!」と言うお話や「完全復活を約束するものではありません!」と言う事を初めからお伝えをしています。

お客様の中には、髪の毛に強いコンプレックスを持ち、外出ができないほどの重たいストレスを感じていらっしゃるお客様もたくさんいらっしゃいます。

今まで、いろんな育毛剤を試してみたけど「結果が出ない!」と言う方や、「発毛クリニックに通ってみて何百万円も費やしたけど結果が出ない!」など、いろんなお客様がご来店されるのです。

そう言う中でも、たった数ヶ月でお客様が発毛実感するほどの結果にコミットした、この育毛メニューでは、ほとんどのお客様が契約が終了してもお客様側から継続をされるのです。

たとえ、契約が終了したとしても、他の商品は使えなくなるので、商品は、ほぼ100%継続されます。

まとめ

今までお話をした、この育毛メニューと言うのは、サロンでの施術は「ヘッドスパメニュー」だけなんです。あとはホームケアとしてシャンプーなどの商品を使って頂きます。

1年間で365日。毎週サロンに来ていただけるVIPの方でも年間50日くらい。

あとの300日以上ホームケアが必要になってきます。

このサロン専用「育毛システム」は我々美容室サイドが、お客様の髪の毛を増やすという従来型の流れではありません。

あくまでもお客様のホームケアが中心(お客様自身で改善する)という考え方で、そのサポートを月に何回かのヘッドスパでメンテナンスをすると言う仕組みです。

つまり「お客様とサロン側の2人3脚によって結果を出す」という考え方になります。

だからこそトラブルやクレームも発生しませんし、お客様自身も頑張れば頑張るほど結果が出る仕組みになります。

どうでしょうか、あなたの美容室にも育毛メニューを検討されてはいかがでしょうか!

もしかしたらあなたのお客様方から、過去に「髪の毛でのお悩みの質問」などを受けた事もあるかもしれませんね!

でも、そんなとき、自信を持ってアドバイスができたでしょうか?

店内においてあるホコリのかぶった育毛剤は売れても、生やす自信まではありませんよね!

日本には4千万人もの、髪の毛でお悩みのお客様がいらっしゃるそうです。

街を歩いている3人に1人は髪の毛で悩んでると言うことになります。

今あるメニューはそのまま継続をして頂いて、ただただ、育毛メニューを追加するだけなのです。

今の店を変えたい方!売り上げを伸ばしたい方!何かしらサロンに変化をつけたい方はまずご一報くださいね!