客単価アップ

❷客単価が16万円になる美容室の㊙集客法!

“感動する”メニュー提案でサロンの生産性を短期間で加速する。名古屋の育毛集客の専門家/繁盛店請負コンサルタント飛山真徳(ヒヤマ マサノリ)です。

客単価アップは売上アップの重要なカギ!

こんなにも頑張っているのに、なぜわたしのサロンだけが客単価が上がらないの?

あなたは、そんな風に思ってはいませんか?

今日は「客単価が16万円になる美容室の㊙集客法!」をお届けしたいと思います。

美容室の客単価アップへの意識革命が必要です。

今、世間の美容室の平均客単価は、6,800円くらいと聞いています。そして、年々低下傾向にあるのも事実です。

実は、なかなか客単価が上がらないのは、あなたの技術や努力が足らないのではありません。

客単価を上げるにはある【しくみ】を知る必要があるのです(もちろんある一定の技術や努力は必要ですが、、、)。

その【しくみ】が分かれば、あなたのサロンでも客単価アップ、引いては今の2倍にグイッと売上をアップさせることも可能となるのです。

この集客法は、客数が減っても、客単価をアップするだけで来店頻度も勝手に増えて売り上げアップを実現する事が出来ます。

頭の中を、まず【客単価アップ】と言う脳にしてくださいね!!!

この記事では、あなたのサロンでも今すぐにできて成果の上がる【客単価アップのしくみ】をご紹介していきます。

客単価が上がらない理由

そもそも、値上げをして高単価のお客さんを集めた方が良いことは誰もが分かっていることなのに、なかなか客単価が上がらない(上げられない)理由はなんでしょうか?

【客単価】が上がらない理由

他店とのキャンペーン割引合戦が常態化し、低価格競争が続いている。

飲食業界とは違い、メニューの多様化(新メニュー)が難しい。

セットメニューやオプションを導入しても、結局は単価が思ったほど上がらない。

このような状況の中で、悲しいかな今後も、キャンペーンや割引でしかお客様を獲得できないサロンが増えていくことでしょう。

というのも、飲食業界とは違い美容系サロンではメニューの多様化が難しく、お客様側がサロン経営者がPRするほど施術やメニューの違いに気付いていません。

例えば、今流行の「髪質改善のメニュー」ってたくさんありますよね!

お客様のなかで、この髪質改善トリートメントと縮毛矯正との差(違い)を正しく理解している方はどれくらいいるでしょうか?

美容系サロンでは、手を変え品を変えメニューの見せ方を工夫はすれど、結局は同じようなメニューでお客様にアピールするしかないのです。

客単価アップの手順

【売り上げアップのブログ】でもご紹介したように、売上は客数×客単価×来店頻度で決まります。

実は、あなたがもし売上を上げようとするなら、客数や来店頻度を改善(増やす)よりも、客単価をアップさせるが最も取り組みやすく、すぐに売上アップに寄与してきます。

むしろ、これからは客単価アップ以外の方法では売上を増やしていくことは期待できないと考えるべきなのです。

新規のお客様の獲得が困難な時代に、客単価を上げることは、最も重要視しなければならない必須条件になります。

これから実際にどう客単価を上げていくのかをお話をしますね!!

顧客単価の上げ方

客単価が売上アップの要になることを理解した頂いた上で・・・。

キャンペーン等で集客しなければならない現場において、年々下がり続ける客単価をどうやってあげればいいのか?

客単価アップの具体的な方法

  1. 値上げ
  2. 高額メニューを導入する
  3. コースメニューを設定する
  4. オプションメニューをつくる
  5. POPで新メニューを告知する
  6. 低額メニューを廃止する
  7. 店内をリフォームしておしゃれにする
  8. サロンの外にA型看板を置く
  9. 広告を出す
  10. SNSでPRする

今ここに掲げた10項目は王道ですが、これらすべてを行えば、あなたのサロンの客単価は間違いなくアップするでしょう。

しかし現実問題、これら10項目を一度に実行することは難しいですよね?

実は、あるメニューを導入すれば、この10項目のうちなんと一度に7項目にも該当して、来月から早々にサラッと結果を出せる方法があります。

それが【育毛メニュー】なんです。

言い換えれば、育毛メニューには客単価がアップする要素がとっても多いということです。

【育毛メニュー】が客単価を伸ばすワケ


(↑ 新規のお客様の「育毛3ヶ月コース…¥169,000税別」の購入伝票…K.F様)

育毛メニューは、ご契約プランで異なりますが、通常は十万円単位になります。(当サロンでは、3カ月コースが169,000円~です。)

そしてこれは珍しいことでもなんでもなく、ほとんどのお客さんが10万円以上のお金を現金でお支払いくださっています。

おそらくこの記事をご覧の方々は、お客様から施術対価として10万円の現金を頂いたことがない方が大半でしょう。

そもそも、美容室でそんな高額なメニューを置いているサロンも少ないですからね。

でも、安心してください。

わたしが育毛メニューの導入支援をしてきたサロンが、全国で今52サロン(2019年4月7日時点)ありますが、どこも同じような状況で、高額メニューといえども30,000円ほどでした。


(↑ 当アカデミーの育毛導入支援サロン様の都道府県エリアです)

しかし、今ではこちらの【お客様の声】でご紹介しているように、じゃんじゃん高額な育毛メニューが売れているのです。

さらに、当アカデミーで手掛ける育毛メニューは、お客様への難しいクロージングとか商品の強引なアプローチ等は一切不要で、この結果です。

数万円の「矯正下着」がドンドン売れ続けるのに、育毛が売れないワケがない?

ちょっと考えてみてください、

深夜の通販番組では、数万円の矯正下着や何十万円もする貴金属が、この不況の中でも飛ぶように売れています。

あのような嗜好品=贅沢品がバンバン売れる時代において、お悩み度合いがその何倍も深いこの【育毛や薄毛、抜け毛】に関連する商品が売れないワケがないのです。

ですから、日本国内で薄毛や抜け毛で悩む方々が3,000万人いるように、お客様の需要はものスゴくあります。

現に、毎月毎月、育毛メニューを導入したサロン様からLINEで喜びの報告メッセージが届きます。

つまり、お客様からすれば本当に髪の毛が増えてボリュームが出るのであれば、1度限りの人生において数十万円程度のお金はそんなに高い金額ではないということなのです。

お客様の商品購入の判断基準は、金額の安い高いではなく、今抱えている不満やお悩み欲求をどれだけ改善・解決できるかどうかなのです。

高単価メニュー導入におけるたった一つの壁とは?


(↑ 育毛講座の講座風景)

ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ここまで読んだとあなたはきっと、【育毛メニュー】を導入することに少しは前向きになったことでしょうし、育毛メニューへの興味も湧いてきたのではないでしょうか?

しかし、正直にお話しすると、せっかく育毛メニューを導入しても売れない=売上が上がらないサロンがあります。

それは、オーナーさんが抱えるお金のブロック(マネーブロック)です。

オーナーさん
オーナーさん
やっぱり10万円のこの育毛メニューは、この人には高いよな~
オーナーさん
オーナーさん
高いと思われたら、もう二度と来てくれなくなるかもしれない。それなら言わない方がいいや。。。

このような心のブロックをあなたが抱えているとしたら、それはお客様にも伝わってしまいます。【【育毛集客】を導入出来ない理由(ワケ)“BEST3”】はコチラから

その結果、お客様は「このオーナーさんは、自信が無いのかな。だったら、やめとこう」となり、せっかくの育毛メニューも残念ながら購入して頂けません。

最後に

頭皮環境改善研究所 飛山真徳

もしあなたが、このマネーブロックというお金の壁を乗り越えられれば、【育毛メニュー】の導入は必ず成功します。

たとえ10万円以上の金額でも、お悩みのカテゴリーの【育毛・薄毛・抜け毛】のメニューなら必ず購入してもらえるんだといった強固なマインドを持てれば、この育毛メニューの導入はあなたのサロン経営をガラッと激変させます。

「わたしは、お金のブロックがあるし。。。」「お客様にも嫌われたくないし・・・」というオーナーさんには、育毛メニュー導入コースの受講後、マインドブロックの外し方のアドバイスも行いますのでお気軽にご相談ください。

あなたはどうなりたいですか?

人よりも長く働いて、低単価のクレームの多いお客様の施術をこれからもやっていきますか?

サロンの変革無しには、あなたの夢を叶えることはできません。

まずは「将来、どうしたいのか?」というあなたの心の本音から、今の立ち位置を見つめ直してみてはいかがでしょうか?

もしあなたが「高単価サロンになりたい」「もっと儲かるサロンにしたい」「お客様に必要とされるサロンにしていきたい」とお考えならば、わたくし飛山はその力になれます!

ぜひご相談くださいね。

合わせて読んで頂きたい記事はコチラ↓↓↓
 http://ikumou-syuukyaku.com/syuukyaku-07/ ‎

と言うわけで、今日のテーマは【客単価が16万円になる美容室の㊙集客法!】でした。美容界の新たな集客法をお楽しみ頂けましたら幸いです。

 

また、ブログでお会いする事を楽しみにしています。

 

アメブロも見て、読者登録して頂ければ嬉しいです。(↓↓↓コチラをクリックしてね!)