美容室の集客について

出産後の抜け毛や脱毛でお悩みのママたちへの美容室ケア法

出産後の抜け毛について

女性は、妊娠・出産を通して身体に様々な変化が起こります。そんな中ほとんどの女性が経験されるという出産後の脱毛や大量の抜け毛。

産後の抜け毛でお悩みのお客様は多くお見えですが、以外にもケアされずにそのままで我慢される方も多くいらっしゃると言われています。

産後の抜け毛や脱毛で悩みのお客様に、美容室としての取り組み方と言う角度から髪の毛のプロである美容師にも可能なケア法についてお話をしたいと思います。

産後の抜け毛に悩む女性は多い

出産後に女性は抜け毛で悩んでいる

出産後に抜け毛の多さを感じた割合は約8割にもなると言われています。

全ての女性に当てはまる事ではありませんが、8割もの女性は出産後に何らかの形で抜け毛脱毛で悩んでおられます。

我々は美容室として、出産後の抜け毛でお悩みのお客様がいらっしゃると言う事は認識はしていても、その女性のお客様へのケアの方法をご存知ないサロン様もお見えだと思います。

様々なお悩みの内容

出産後の女性の抜け毛の実態は様々ですが、通常の老化での抜け毛とは違って一度に抜ける量が半端なく多い方もお見えです。

このような女性のお客様がいらっしゃる以上、我々美容室側としても何らかのケアメニューを準備しておかなければなりません。

出産後のママたちの髪の毛によるトラブルに一覧です。

シャンプー後に髪の毛をとかした時に「ゴッソリ」抜けた
枕元にかなりの本数が落ちていたりした
シャンプー中に手に数十本絡んで「ショック」だった
排水溝に髪の毛が「びっしり」詰まっていてびっくり!
前髪も抜けた後に短い髪の毛が「ちょろっと」生えた
部屋の床に落ちていて掃除のときに悲しかった
外出が嫌いになり帽子を必ずかぶるようになった

加齢等による一般的な「抜け毛や脱毛」とは違い、産後における抜け毛の量は「恐怖にも似た体験」と言う方もいらっしゃるくらい産後ママたちの負担は計り知れません

出産後の抜け毛を誰に相談しましたか?

産後の抜け毛を相談されない女性が4割もいる事に驚きを隠せません。相談しなかったのではなく、恥ずかしくて相談が出来なかったのかも知れません。

それもそのはず、抜け毛の問題すら解決されていない世の中で「抜け毛が止まる方法を知らないし、時が来れば治るから」とあきらめているのかも知れません。

更には、美容室に相談される割合もたった2割程度と少ないのもびっくりと言うか残念です。

実際に産後の抜け毛を美容室に相談をしても、答えが返ってこない事をご存知なのですね!
美容師として残念でなりません。

では、なぜ!出産後に急激に抜け毛が増えるのでしょうか?

産後の脱毛や抜け毛の原因とは

生命の誕生に関わる妊娠・出産。ただでさえ大変な時期なのに、産後の女性ママたちは身体だけでなく頭皮や髪の毛も非常にデリケートで敏感な時期なのです。

この産後脱毛や抜け毛に最も大きく関わる正体は「女性ホルモン」だと言われます。

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンには、卵胞ホルモンである「エストロゲン」黄体ホルモンである「プロゲステロン」と、という2種類のホルモンがあります。

男性ホルモンの「テストステロン」脱毛ホルモンに対して、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」は発毛ホルモンとも呼ばれています。

【妊娠中】

妊娠すると女性ホルモンである「エストロゲン」や「プロゲステロン」などの分泌量が盛んになり急激に増えます。

「エストロゲン」には毛髪の成長期を長期化させる働きがあります。「プロゲステロン」には胎盤の形成や乳腺の発達の働きがあります。

妊娠中は生命の誕生に伴い、身体が胎児の酸素と水分と栄養補給のために成長エネルギーが増し、胎児へのあらゆる必要なエネルギーの供給体制を整えます。

なので妊娠中はヘアサイクルの成長期をキープしたまま抜けずに成長を続けられます。

元々エストロゲンには体毛の成長を促す働きがあるので、妊娠中の髪の量は増える傾向にあり、量が増えるだけでなく、ハリやツヤも増して美しくなり、中には体毛が濃くなったと感じるママたちもいます。

プロゲステロンの分泌も妊娠9か月頃にピークを迎えたあとは、徐々に減って出産と同時にほとんど分泌されなくなります。胎児の身体が出来上がり役目を終えるわけです。

【出産後】

ところが出産を終えると女性ホルモンの分泌量は妊娠前の状態に戻り一気に減少します。

髪の毛の健康なヘアサイクルは、髪の毛が生える「成長期」と髪の毛の成長が止まり抜ける準備期間の「退行期」、そして髪の毛が抜け、そして新たな髪の毛が生えるまでの準備期間の「休止期」の3つの時期が繰り返し行われます。

しかし妊娠末期から出産後にかけて急激に女性ホルモンが低下するために、成長期から退行期を飛び越え休止期に一気に移行し退行期が無くなって一気に抜け毛が起こります。

この女性ホルモンのバランスの変化(急激に増し→急激に減少)がヘアサイクルに影響を与えてしまうと言われています。

妊娠中、エストロゲンのおかげで成長を続けていた髪の毛が出産により、妊娠中に抜ける時期だった髪と、産後に抜ける時期を迎える髪が同じタイミングで一度に抜けてしまい脱毛や大量の抜け毛が起こると言う訳です。

これが産後の脱毛や抜け毛のおおきな原因になります。

【産後の抜け毛のピークは?】

一般論として、産後まもなく抜け始めて、2~3ヶ月頃に「もしかして抜け毛が増えた?」と実感する方が多く3~6カ月でピークを迎えます。

6カ月を過ぎた頃から 再び成長期に入るため、徐々に抜け毛の量は落ち着いて6ヶ月頃から1年くらいで徐々に新しい毛が生えて元に戻るケースが多いと言われています。(中には2年以上続くと言う方もおられます)

ただ、女性ホルモンの分泌量や産後の育児環境などには個人差があります。抜け毛の始まりの時期や、いつ頃に終わると断言することは中々できないかも知れません。

もともと妊娠された年齢や出産経験数、生理不順の有無などが関係するために抜け毛の期間の違いはそれぞれにあるからです。

産後の栄養不足

出産前や妊娠中にきちんと食事をして栄養をとっていた人でも、産後は忙しくて健康的な食事ができなかったり、食生活が乱れたりすることがあります。

母乳は赤ちゃんにとっての大切な栄養源です。一方で産後のママの身体は、母体の回復と母乳づくりに肝心な栄養が取られてしまいます。

髪の主成分であるタンパク質や、代謝促進効果が期待できるビタミンB群、たんぱく質を作る亜鉛などを含む食材を積極的に摂ることが大切になります。

とは言うものの、一般のママたちがそこまで気を付けて摂取出来ないと思います。そんなママたちに朗報です。「フルボ酸」がたっぷり配合されたフルボ酸パワー健康商品をご紹介できます。

産後の生活の変化(育児によるストレス)

出産は女性の身体に大きな負担がかかります。そのうえ、体力が回復しないうちに育児が同時にスタートします。赤ちゃんの世話に追われ、睡眠や食事はもちろんのこと、何一つ自分の自由にならない毎日が始まります。

初めての出産だけでなく、二人目三人目、双子、それぞれのストレスがあります。また自分や夫の両親との関係性や、夫の協力の有無によってもストレスは増大するでしょう。

過度のストレスは自律神経やホルモンバランスを乱す原因となるため、抜け毛が増えることもあります。

ただしストレスの全くない生活を実現するのは至難の業ですので、趣味で息抜きをするなど、何かしらのストレスを発散・軽減することを見つける事が大事かと思います。

産後の頭皮環境の変化(頭皮の乾燥)

産後の忙しさや育児疲れでストレスがたまり、髪を洗う頻度が減ったり髪の毛のストレスで血流不足になり頭皮に皮脂や汚れがたまると、毛穴が詰まって健康な髪が育ちにくくなります。

また、産後のホルモンバランスの変化と血流・血行不足などで肌質が変わる事もあり、シャンプーなどのヘアケア製品が肌に合わなくなることも少なくありません。

そのせいで頭皮が乾燥したり、乾燥を補うために皮脂が過剰に分泌されたりして、皮脂分泌異常が起こり健康な髪が育つ環境では無くなってしまう事があります。

それだけ出産後は頭皮の環境が悪化し、頭皮の乾燥や血行不良が起きやすくなります。

頭皮の乾燥や血行不良に伴い、頭皮の発毛システムにも影響し抜け毛や脱毛が起きるのです。

産後の抜け毛の正しい知識とは

一般的なケア法

個人差や程度の差こそあれ、産後の抜け毛は避ける事が出来ません。

いつ頃戻るとは断言できないのですが、いつかは元通りになるものなので、気にし過ぎないほうが良いかと思います。これが一般的な結論です。

積極的なタンパク質の摂取などの栄養バランスや、育毛剤やシャンプーを変えるとか、1日7時間以上の十分な睡眠とか、ウォーキングなどの軽い運動やストレスをためない等のケア方法はたぶんクリニックでも勧められると思います。

美容室でのケア法

発毛クリニックや有名な育毛サロンでも中々髪の毛を生やす事が大変な時代に、独自の「飛山式の育毛メソット」で結果を出している身としては、やはり美容室でのヘッドスパ育毛法が一番だと思います。

髪の毛の毛母細胞を活性化させ髪の毛を生やすには、身体の血行促進しかありません。

身体の60~70%は水分だと言われます。血液内の血漿の90%も水分で血液の50%も水分だと言われます。つまりは身体の50%以上は水分なんです。

この水分を届けるべき所にダイレクトに届ける事でリンパ節の働きが良くなり、滞っていた身体の隅々の水分が流れ出し、身体の水分と血液が流れ出すのです。

そして血流が増すと、自律神経のバランスも整える事が可能になります。その結果出産後の多量の抜け毛で悩んでいた髪の毛が通常の半分の期間での改善が可能になります。

そのための「水入れ育毛法」は効果抜群です。頭皮への浸透性抜群のスパローションを使用して、30分~60分の育毛ヘッドスパを行います。身体と心のケアも可能になります。

産後のママたちを応援したい!

栄養バランスや腸活、睡眠や軽い運動などの一般的なケア方法も、もちろん大切なことです。

当サロンでは、直接的なケア法として、通常の「育毛剤を付ける」のではなく、頭皮のなるべく奥の方にアプローチをかけ、毛細血管にまで影響を与えるようなヘッドスパ育毛法でケアをしています。

医学界や化粧品業界などの一般的な常識では考えられないような「経皮吸収型のシンプルな頭皮の環境を改善するケア法」です。

そうする事で美容室での産後の抜け毛の改善ケアが可能になります。

私達は美容室という立場で出産後の髪の毛のトラブルでお悩みのママたちをサポートさせて頂きます。

サロンケア

基本はヘッドスパ育毛法でお客様には30分から60分の循環器を使用しての「水入れヘッドスパ」でケアします。

1ヶ月のご来店は、1回・2回・3回・4回とお客様のご希望に合わせてご指導させて頂きます。

医薬品を一切使わない、安心安全な副作用の無い頭皮環境改善を目的としたケア法です。

出産後、約8割の方が何らかの髪の毛の異常を感じていて、その内の4割の方がそのまま我慢され、6割の方もほぼほぼ変化が無かったことになります。

この「水入れヘッドスパ」では髪の毛のヘアサイクルが正常に戻ろうとする事で、例えば1年間毎日産後の抜け毛で悩む方が2か月くらいでピークを迎え、半年くらいで症状が収まったと言う事も報告されています。

もちろん個人差はありますが、あきらめてしまい何もしないで辛い日々を1年もの間過ごすことを思うと、美容師として頭皮環境改善家として産後の抜け毛で一人で抱え込むママたちに何かしらケアをしてあげたいと考えています。

ホームケア

1年は365日ありますが、例えば毎週サロンに来て頂いても精々50日です。後の300日以上はホームケアが必要となります。

月に1度のサロンケアでも効果が出ます。このホームケアで髪の毛の症状を左右すると言っても過言ではありません。

サロンでのケアは通院する感覚です。ホームケアは毎日処方されたクスリを飲む感覚です。

サロンケアもホームケアもどちらも頭皮への乾燥対策としてローションで頭皮に「水入れ」をします。毎日毎日夜お風呂の中でケアをして頂きます。

産後の抜け毛でお悩みのお客様はきっとお一人で抱え込んで、誰にも言えず「髪が抜ける怖さを」抱えていらっしゃいます。

出産早々慣れない育児に追われ、家族の事で精一杯の毎日だと思います。自分の事なんか手に付くはずがない。それでも、私達はそんなママたちを応援したいと思っています。

終わりに…

サロンケアとホームケア。この毎日の繰り返しが頭皮の毛母細胞に少しずつ働きかけていきます。

産後の抜け毛の場合、早い方だと1か月くらいで効果が出始め、半年くらいで元の髪の毛に戻るママたちが多くいらっしゃいます。

そして、はっきり言えるのは「効果が無かった」と言う方はほぼ居なかったという報告です。

私達はドクターではありませんが、頭皮や髪の毛でお悩みのお客様に実際に喜ばれているケア法をお伝えしたいと思っています。

もちろん我々が取り扱うケア商品は育毛専用商品ではありません。

水にこだわり、豊かな自然の中で磨かれた、肌なじみのよい「天然水」を使用した自然由来の有効成分をアクセントとし、髪のダメージや頭皮のエイジングに積極的に働く、新たな可能性が生まれた商品です。(メーカーのHPより抜粋させて頂きました)

とにかく安心安全な商品です。なぜその商品で産後の抜け毛に効果があるのかは、一度お試しになられてください。

科学的な根拠なんて考えずにまずはお使い頂いて、産後の女性ママの身体と頭皮、そして心のケアのお手伝いが出来ればと思っています。

今回は「出産後の抜け毛や脱毛でお悩みのママたちへの美容室ケア法」について書かせて頂きました。

今までは加齢や遺伝により「抜け毛や脱毛」で悩みのお客様は40代からと言われてますが。

出産後の20代30代のママさんたちも、産後の様々な不安と戦いながら「抜け毛や脱毛」で苦しんでいます。

そんなママさんたちのためにも、美容室で何とかアプローチできる、サロン専用のケア法を取り入れて見てはいかがでしょうか。

ではでは

今日も素晴らしい1日を!