美容室の売上アップ

12.値引きせず!繁盛店になったアル1つの方法!!

“感動する”メニュー提案でサロンの生産性を短期間で加速する。名古屋の育毛集客の専門家/繁盛店請負コンサルタント飛山真徳(ヒヤマ マサノリ)です。

今日は【値引きせず!繁盛店になったアル1つの方法!をお届けしたいと思います。

今では新規OPENサロンの2店に1店は1年以内に閉店すると言われています。恐ろしい時代になったものです。しかしそこには閉店せざるを得ないしくみが存在するようです。

この記事では、これからあなたが美容サロンの経営力を、短期間でしかも劇的にアップさせるための誰も教えてくれないけど、誰でもできる簡単なヒントをお伝えしたいと思います。

値引きサロンは閉店する

今日から年号が「平成」から【令和】になり、なんとなく気持ちも新たになった気分です!

Q.いきなりですが、ここで質問です。「値引きでキャンペーンしてますか?」

あなたも、新たな集客をしようとする時、既存客より、新規の集客を考えますよね!その方法は、最初はとりあえず割引でのキャンペーン価格で集客されると思います。

しかも、その割引価格のメニュー商品のみで売上を出そうとするサロン様が9割を超えます。この方法だと、ドンドン客単価が下がり、客数で勝負するしかなくなってしまいます。

美容室の場合、メニュー化がどこも同じで決まってしまっているから、個々のサロンで独自化が出しにくいために、お互いに価格競争が激化してしまうのです。

値引きするなら、そのあとのバックエンドメニューがある事が条件になります。
あるいは、値引きをしない、ちょっと高額なお悩み改善メニューが理想的です

 

収入の柱という考え方

売上が1本だと危険です!

もしかして、あなたの収入源は、今の美容サロンの売上の1本ですか?ちょっとキツイ言い方になっちゃいますが…このままでは、いずれ数年後にヤバい事になる確率が非常に高いです。

今美容界は「価格競争真っ只中の戦国時代」なんてよく例えられますよね!それは、ほとんどのサロン様が同じ土俵(メニュー)でお客様を取り合っているからです。

お客様の数には限界があります。新たなトリートメントやスパを導入し、接客をプロ並みにしても、パーマ客は月に2回も来店されないし、縮毛矯正の方毎月ご来店は無理なのです。

それに、お客様は、美容室オーナーが思っているほど、技術の格差は感じていません!つまり、これからもパーマ・カラー・縮毛矯正・トリートメント・ヘッドスパ・メイク・ネイル・と言うメニューで勝負する限り、今の売上を劇的にアップさせることは無理なのです。

もっと、言えば、「カット講習」に通う暇があるなら、集客の勉強会に行かれた方が、1年後の売上を変えられるかもしれません。(カットの下手な私が偉そうに言う事ではありませんネ)

本当に売り上げアップを目指すなら、収入源をもう1本か2本増やすべきです。

経営の危機的状況の本当の原因

今の美容界の危機的状況は、実はあなたの経営力が原因ではないのです。

本来ならば、30年前、あのバブル期に美容界全体で取り組むべきだったのです。

40年前、旅行の時皆さんが持っていた「オートフォーカスのコンパクトカメラ」の売行きが絶好調の時、当時のあるフイルムメーカーは携帯電話の普及を早々と察知して、カメラ路線と医療機器分野へとシフトを変えて、今では内視鏡の世界シェア№1となっています。

JRだって、農業を始めているし、老舗の寿司屋も焼肉店を出す時代で、バブル期に育った今の美容界の経営者にとって、「集客の柱」という概念がないのかもしれません。

プロ野球選手は、現役生活が40代で終わるのを見込んで、ほとんどの選手は、サイドビジネスを持っています。芸人さんだって、皆さんが知らないだけで副業をやってます。

逆に言えば、なぜ美容界のオーナーさんは、そう考えないんだろうと思っちゃいます。
早く気がついて欲しいです。

収入源という考え方

もしあなたに収入の柱がもう1本、あるいは、もう2本あったらどうでしょうか?いいえ、「セカンドビジネスなんてそんな中途半端な気持ちでは出来ないよ!」なんて思う方もいるでしょう

でも、どうでしょうか? 実際問題として、ビジネスの収入源を真面目に増やす考え方は間違っているでしょうか?むしろ、一刻も早くそうするべきなのではないかと私は思います。現に、経営は大変だし、将来的に売上が増える見込みは無いのですから。

例えば、・講師業・コンサルタント業・ディーラー業・出版・全く新しいメニュー化などです。転ばぬ先の杖ではありませんが、3年後、10年後のサロン経営のために、今から備える必要がありそうです。【育毛集客導入の理由】も読んでみてくださいね!

新しい収入源をもう1本、2本と持つ事は、これからの美容界の在り方として【必須】なのかも知れません。

 

転ばの先の杖

さぁどうするか?【転ばの先の杖】ではありませんが真面目に第2、第3の収入を得る
という事は今後の美容界にはきっと必須になってくるでしょう。

今、売上に伸び悩んでいるとしたら、来年・再来年は、更に辛くなってきます。今あなたは第2、第3の収入源を考えられますか?1日も早く第2、第3の収入源真面目に考えてみてはいかがでしょうか?

今後は必ず【キャッシュポイント】を増やす経営が必ず必須になります。そのカギになるのが、・お客様の不安を解消するモノ・高額商品で単価を上げれるモノ・他のサロンがやっていないモノです。【売上に悩む美容サロン戦略】も読まれています。

わたくし飛山は、キャッシュポイントを増やす、第2の収入源で収益をあげるビジネスを応援しています。その、入り口のメニュー化が【育毛集客】です。

ではでは今日もすばらしい1日を

 

と言うわけで、今日のテーマは【値引きせず!繁盛店になったアル1つの方法!!】でした。美容界の新たな集客法をお楽しみ頂けましたら幸いです。

 

また、ブログでお会いする事を楽しみにしています。

 

アメブロも見て、読者登録して頂ければ嬉しいです。(↓↓↓コチラをクリックしてね!)

お問い合わせ・質問などはコチラから↓↓↓